肌のしわケアをしっかりしてアンチエイジングしましょう。

2009年06月11日

手のしわのケア

肌のしわというと手のしわもきになるものです。

若い頃は気にならなくても、40代を過ぎると急に気になる人が増えるようです。

乾燥肌とか手荒れなどはケアできますが、年齢とともにできてしまった手のしわは取り除けません。

でも、ケアによって手のしわを最小限にしたいものです。
手のしわも他のしわと同じで、
紫外線、乾燥
などが原因となることが多いのです。
それに水仕事などでその洗剤などが原因となることもあります。

ですから、水仕事の時、特に洗剤を使うときは手袋の着用をおすすめします。

それから大切なのは、外出の時に顔に日焼け止めクリームをぬる時に、手の甲や指にも塗るようにします。
これは習慣にしてしまうといいですね。
これにより紫外線の乾燥によるしわの影響は大分減ります。

血行が悪くなると手や指が赤紫になってきます。
そうすると皮膚の回復力も遅くなります。
血行促進にはビタミンEがいいので、積極的にとるようにし、また手のマッサージをくせづけるといいでしょう。
寝る前には手全体にクリームを塗り、たっぷりとマッサージしてあげます。
そこに絹の手袋をはめて寝ると、翌朝には手はすべすべになっていることでしょう。

毎日毎日気にして、手に愛情をもって手入れしてあげると、大分効果ありますよ。

自分の手を見て、しわしわだとがっかりしますよね。
顔と一緒に手にも注意を向けましょう。

よく手を見ると年齢がわかるといいます。
それだけ酷使されているので、自然としわがきざまれるのでしょう。
でも、できるだけケアしてあげましょう。

洗剤などもなるべく肌荒れのしないようなものに代えたり、
クリームをつけてマッサージ、
寝るときには絹の手袋、
それを毎日続けていると、目に見えて手の肌がきれにいなってきます。

人前でも自信をもって手を出すことができます。
逆に自慢になりますね。

そうしていつまでも若い肌でいましょう。

【卸し値販売】(肌荒れ解消)絹糸で編み上げたシルク手袋、寝ている間に手がしっとりします。...

絹の手袋 / ショート 【エコシルク・シルク・ハンドケア】【いまじん】

posted by 肌のしわケアナビゲーター at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 手 しわ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121290439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。